高コレステロール血症と悪玉(LDL)コレステロールを下げる|方法とサプリメントを紹介

MENU

高コレステロール血症と悪玉(LDL)コレステロールを下げる|方法とサプリメントを紹介

高コレステロール血症は脂質異常症のことです

高コレステロール血症は高脂血症のことで、血液中のコレステロールや中性脂肪の脂質が多すぎる病気です。ガイドラインの変更で高脂血症から脂質異常症と名匠が変更になっています。
高コレステロール血症は中性脂肪が多い高中性脂肪血症、悪玉コレステロールが多い高LDLコレステロール血症、善玉コレステロールが低い低HDLコレステロール血症があり、どれかひとつでも当てはまると高コレステロール血症です。高脂血症は低HDLコレステロール血症を含むのは誤解されるため脂質異常症となったのです。
高コレステロール血症は自覚症状がなく症状だけで早期発見は難しいですが、放置すると増えた脂質は血管の内側にたまり体の血管が傷つき、動脈硬化を引き起こす可能性があります。また動脈硬化が進行すると心筋梗塞や脳梗塞などの重大な病気に繋がるのです。
高コレステロール血症の原因は、殆どが食生活が影響しています。動物性脂肪の多い高カロリーな食べ物は血液中の悪玉コレステロールや中性脂肪を増やして過酸化脂質が増えます。また、高血圧、糖尿病、肥満、喫煙、運動不足、栄養バランスの偏った食事などの影響もあるため、それらの生活習慣や食生活を見直して改善や予防をすることが必要です。

高コレステロール血症にならないために、その原因について知りましょう

高コレステロール血症は誰にでも起こりうる病気です。その原因について知り、今から予防をしておきましょう。
高コレステロール血症は食生活や生活習慣が主な原因となっています。まず食生活においては、動物性脂肪・コレステロール・甘いものを食べすぎることで、血液中の悪玉コレステロールが増え、善玉コレステロールが減ってしまいます。これにより高コレステロール血症になりやすくなるのです。またお酒も適量以上飲むと高コレステロール血症の原因となってしまいます。次に生活習慣においては、過食や運動不足・過度なストレス・喫煙が高コレステロール血症の原因となっています。過食や運動不足がひどくなると内臓の周りに脂肪がついてしまい、これによって悪玉コレステロールが増え、善玉コレステロールが減りやすくなります。過度なストレスと煙草も同様です。
以上が高コレステロール血症の原因となる食生活や生活習慣です。ただし、遺伝によって悪玉コレステロールが血中にたまりやすい体質の人もおり、そのような人は他の人以上に食生活や生活習慣に気を付ける必要があります。
他にも、糖尿病や甲状腺機能低下、慢性腎不全などの病気が原因となる場合もあります。また、ステロイド剤やビル、ホルモン剤、利尿剤などの薬の副作用として発症する場合もあるため注意が必要です。

血中コレステロールを下げる方法

血中コレステロールを下げるための非常に重要なカギは、食生活にあると言っても過言ではありません。実際に、コレステロールの合成は、何を食べるかによって変化することが知られています。
では、血中コレステロールを上げてしまう食品には何があるのでしょうか。例えば、肉の脂身、卵黄、バターといったものがあります。それに対して、血中コレステロールを下げる効果を持つ食品としては、魚類や大豆製品、野菜、果物、海藻類などがあります。特に、青魚に含まれているDHAやEPAは、血中コレステロールを下げるのに大きな役割を果たすと言われています。それで、普段の食事に、これら後者のものを積極的に取り入れるようにしましょう。
バターなどをどうしてもたくさん摂取してしまう洋食から、油を使うことが少ない和食に変えるのも血中コレステロールを下げる効果的な方法と言えるでしょう。乳製品を摂りたい場合は、できる限り低脂肪のものを選ぶことができます。
油も、バターやラードの代わりに、サラダオイルやオリーブオイルなどを上手に活用できるでしょう。特にオリーブオイルには、悪玉コレステロールだけを減らす効果があるため、是非とも積極的に活用できるでしょう。

悪玉コレステロール値を下げる食べ物とは。

悪玉コレステロール値が高くなる原因は運動不足と食生活です。そのため下げるためには適度な運動をしながら食生活を改善することが一番です。しかし、運動は時間がなくてなかなかできないという方もいます。そんな方の場合、食生活を見直すだけでも改善することはできます。そんな悪玉コレステロール値を下げる食べ物にはどんなものがあるのでしょうか。まずコレステロール値の低い食事をするのはもちろんですが、中でも食事のメインに魚類を取り入れると良いです。マグロの赤身や青魚にはDHAやEPAという不飽和脂肪酸が豊富に含まれています。この不飽和脂肪酸とは脂肪の中でも身体に蓄積されにくく、エネルギーに変換されやすいものです。そのためダイエットにも有効なのですが、血液中の悪玉コレステロール値を下げる効果もあるのです。悪玉コレステロールが多いと脂肪を蓄積し、血管を詰まりやすくします。しかしDHAなどは逆に善玉コレステロールを増やし、血液をサラサラにする効果があります。また、青魚以外にもこれらの栄養素は旬の魚に豊富に含まれています。そのため、季節ごとの旬の魚を食事のメインに持ってくるような食生活を続けると悪玉コレステロール値を下げることができます。

動脈硬化の最大原因である悪玉コレステロール

脳梗塞や心筋梗塞など死亡リスクを伴う重大な病気の原因ともなる動脈硬化に悪玉コレステロールがかかわっていることは近年ではよく知られています。ですが実は悪玉コレステロールは肝臓から体のあちこちへとコレステロールを運ぶ働きを持っており、悪玉とはいっても人間の体には絶対に必要な役割を担っています。そして血管内で余ったコレステロールは善玉コレステロールによってまた肝臓へと運ばれていくのですが、この悪玉と善玉の両者のバランスが崩れてしまうと様々な問題が起こってしまうのです。そのうちのひとつが、悪玉コレステロールが増加しすぎたために血管内にコレステロールが溜まってしまうことで起こる動脈硬化です。そもそも動脈硬化とは動脈の弾力性や柔軟性が失われ硬くなったり、様々な物質が動脈の壁にへばりつき壁が厚くなったりすることで血液の流れが悪くなる症状を指します。余ったコレステロールは血管の壁を傷つけその傷からコレステロールと共に血小板やカルシウムなどが入り込み、その部分を瘤のように膨らませてしまうことで血液の流れを妨げてしまうのです。この瘤が心臓にかかわる場所で起これば狭心症や心筋梗塞などに、脳の血管で起これば脳梗塞などの危険因子となります。

 

サプリメントを探しているという方はこちら⇒悪玉(LDL)コレステロールを下げるサプリ