中性脂肪とコレステロールの関係と、その働き

MENU

中性脂肪とコレステロールの関係と、その働き

中性脂肪とは、食品の中に含まれる脂質や体脂肪と言ったもので、エネルギーのもとになるものです。しかし、摂取しすぎると肥満の原因になる等健康を阻害する事にもなりますので注意が必要です。
一方、コレステロールとは人間の身体の、ホルモンや、細胞膜を作る材料になる脂質です。コレステロールには善玉と悪玉があり、良く問題にされる悪玉コレステロールとは、肝臓のコレステロールを身体全体に運ぶものです。血液中の中性脂肪が増えると、善玉コレステロールが減少し、悪玉コレステロールが増加します。悪玉コレステロールの増加は、動脈硬化や心筋梗塞、脳梗塞、脳出血などの病気の原因になります。
こう言った状態にならない為に大事なのは、規則正しい生活を送る事ですが、特に重要なのは食事になります。脂質や塩分の多い食事や、外食などを避けバランスの良い食事内容を心がけましょう。特に良い食品としては、タウリンを含むカキ、イカ、ホタテなどの魚介類、野菜などの食物繊維の多い食品、レシチン、イソフラボンなどを含む大豆製品、オメガ3脂肪酸を含む食品である青魚、シソ油、アマニ油、えごま油などです。手軽で続けやすいサプリメントを利用するのも一つの方法です。
普段から健康診断の数値などに気を付けて、自己管理していく事が大事です。