高コレステロール血症改善には食事の見直しが重要

MENU

高コレステロール血症改善には食事の見直しが重要

高コレステロール血症とは、高脂血症ともいわれ、血液中のコレステロールが多すぎる状態となっている症状を指します。
高コレステロール血症が進行し悪化していくと、動脈硬化を引き起こすことがあり、これによって脳梗塞や脳出血、心筋梗塞などが引き起こされる可能性があります。
この高コレステロール血症の主な原因に、食生活が考えられており、改善するためには食事の見直しが重要となります。
食事の改善方法としては、コレステロールが多く含まれる食品を控えめに摂取することになります。例えば、肉を食べる量を減らし、代わりに魚を中心とすることや、脂質の多い肉やラードなどの動物性油脂の接種を控えることが挙げられます。また、これと同時に食物繊維の多く含まれる食品を意識して多めに摂取することも効果的です。
また、摂取カロリーを自らの生活に合った適切な量に抑え、飲酒の習慣がある場合には飲酒量も減らし、間食なども控えるようにしていきます。
このような食事の改善は、極端に走るのではなく栄養のバランスを考えて3食しっかりと食べることを前提に行います。
また、食生活の改善と並行して、適度な運動を行うことで高コレステロール血症の改善により大きな効果を上げることができます。